株式会社 オガワ製作所

プラスチックの射出成形、金型、塗装や金型製作は「オガワ製作所」

お問い合わせ

 

ブログ

 

株式会社山本製作所

 

ISO14001認証ロゴマーク
製造業の企業価値向上に役立つポータルサイト『WA(ダブルエー)』

 

HOME»  会社案内

会社案内

企業は人なり 人は心なり

現在、日本産業界のおかれている環境は、つねに技術革新を行ない、それに基づく企業変貌をなし続けていかなければ、世界経済の中で存在し得ないという厳しい状況下にあります。こうした状況において当社は独自の技術と生産方式により「高技術」「高品質」「高信頼」の維持向上にたゆまぬ努力を続けております。特に「ものつくりにおいては品質こそが生命である」と信じ、全社員が品質追求を片時も忘れず、絶えず限界に挑戦し、自らを高める努力を続けております。
 
いかなる時代であっても、企業は「人」が中心であります。そして、「人」は心が大切であります。従って、私は「企業は人なり、人は心なり」を理念として、これからも、仕事を通じて己を磨く事を生き甲斐とする社員の育成に全力をあげ、これによって当社の永続的発展と社員の幸せを図っていく所存であります。

 

オガワ製作所

 

社是

■最高品質の製品を社会に供給する。
同じ値段で商品が買える時、品質の良い物が優先されるのは、社会的常識です。当社においては、従業員一人一人が買う者の気持ちになって、最高品質の製品を作り、社会に供給することを信条としております。

■和の精神
共同社会に於いて、人間関係を重視する理由は人と人とが、強固なチームワーク(すなわち「和」)をもって突進するのでなければ、大きな目的を達成することはできないからであります。当社においては、従業員相互間を「和」という一本の糸で確り結び、明るく働き易い職場を確立して、生産を向上させ、従業員の生活を安定させることを念願としております。

■世界的視野に立つ
世界的視野に立つと云う事は、常に国内にとどまらず、広く世界の動きに関心をよせて世界と同じ方向に進ませようとするものです。
特に会社においては、国内はもちろんのこと、世界の同業者の製品あるいは管理方法等を分析研究して、時代の尖端を切り開き、品質、デザイン、数量ともに、「世界制覇する」という考えに立っております。

 

品質方針(平成16年10月)

【1】ものつくりに携わる者として、品質の向上に責任を以って取組み、顧客の信頼を得るよう力を尽くす。

【2】法令・規制の基準を順守し、品質要求を満たす。

【3】顧客満足度に対し、品質マネジメントが常に追随していることを捉え更なる向上改善を図る。

【4】品質目標は常に半期を基準に、新設定又は評価し、その前進を図る。

 

環境方針(平成18年12月)

【1】環境に関する法規、条例、協定及びその他の要求事項を順守し、環境保全活動に取り組む。

【2】事業活動に於いて、環境側面を充分に認識し環境汚染を予防すると共に、環境マネジメントシステム  の継続的改善に努める。

【3】事業活動の中に、環境意識が同化され、環境目的や目標設定に結び付け、尚且つ、定期的にその見直しをも図る。

【4】この環境方針は当社の全従業員及び協力会社に周知すると共に、一般の人にも開示する。

 

会社概要

社名 株式会社 オガワ製作所
役員 代表取締役社長 川端 武夫
取締役 神部 久夫
取締役 高橋 俊雄
監査役 山本 貞夫
所在地 〒355-0321
埼玉県比企郡小川町大字小川1272
TEL 0493-72-2555(代表) 
FAX 0493-74-0209
URL http://www.ogawa-mfg.co.jp/
営業品目 ・プラスチック射出成形(UL認定N0.E84297-1)
・プラスチック部品の表面処理加工
(塗装・UV塗装・印刷・レーザ)
・プラスチック部品の溶着・組立
・プラスチック成形用金型の設計・製作 
資本金 3,000万円
設立年月 1969年3月
従業員 79名
主要取引先 【得意先】(50音順)
●自動車部品
(株)アツミテック、上田日本無線(株)、(株)昭工舎、(株)ヴァレオジャパン
●医療器部品
伊藤超短波(株)、(株)ナカニシ、日本精密測器(株)、(株)YDM
●音響機器部品
アシダ音響(株)
●計測器部品
(株)ミツトヨ
●腕時計部品
カシオ計算機(株)、セイコーインスツル(株)、セイコーエプソン(株)、(株)山本製作所
●カメラ部品
東予産業(株)

【団体登録】
・東日本プラスチック成形工業会
・埼玉県プラスチック振興会
・埼玉県ものつくり研究会 (元 埼玉県金型研究会)
関連会社 ●香 港
会社名:奥嘉華精密(香港)有限公司(OGAWA PERCISION(H.K.),CO.,LTD.)
所在地:香港九龍尖沙咀東部麼地道67号半島中心11/F1115室
TEL:0061-852-2722-7827
FAX:0061-852-2369-2463

●中 国
会社名:奥嘉華精密塑膠(東莞)有限公司
所在地:中國廣東省東莞市大嶺山鎮向東
(福永港より自動車で40分程度です。)
TEL:0061-86-769-83353435
FAX:0061-86-769-83353434 

・株式会社山本製作所(高多層プリント基板製作、金属部品製作)
・株式会社昭工舎(金属時計部品製作、装飾品製作)

 

会社沿革

1969年 (株)山本製作所と(株)昭工舎の金属腕時計生産体制強化の為工場設立(現住所に研磨工場建設)
1970年 プラスチック製造部門拡大の為専用工場増築
鋳造装飾品の一貫工場建設
プラスチック外装部品の生産開始
(ガラス・ケース・文字板)
国内時計プラスチックガラス(アクリルガラス)年間生産数 2,000万枚達成
1974年 精密プラスチック部品の一貫生産体制の確立(金型製作・成形・印刷・組立)
オーディオ関連プラスチック部品生産開始
国内金属ケース研磨年間360万個生産
1981年 成形部門拡大の為専用工場増築
1984年 プラスチック部品塗装の生産開始
高級品(装飾)研磨開始
時計外装一貫生産 置・掛時計生産開始
1986年 リニア製造指図書システムの構築
生産管理(TAG)システムの構築
金型部門拡大の為専用工場増築
1990年 光学関連部品生産開始
1992年 プラスチック部品レーザ加工機導入
自動車関連部品生産開始
1995年 IT関連部品,医療関連部品生産開始
生産技術・設計室新設
プラスチックの2色成形機導入
計測機器関連部品弱電関連部品生産開始
1998年 3D-CAD/CAMシステム導入 プラスチック成形工場拡張
1999年 自動塗装ライン・自動UVライン導入
2001年 製造が海外に完全移管(研磨部門)
2002年 社内LANの構築
2003年 小型自動塗装ラインシステム導入 HP(ホームページ)の立上げ
2004年 流動解析システム導入
ISO9001(品質)認証取得
2006年 ISO14001(環境)認証取得
表面処理部門の一貫ライン完成
2009年 創立40周年を迎える
2012年 埼玉県より医療機器製造業登録証の発行
2016年 埼玉県ものづくり・商業・サービス革新補助金交付
2017年 医療機器製造業登録証の更新

アクセスマップ